税理士にはじめて依頼する方へ

税理士にはじめて依頼する方へ

 
小さい会社や創業して間もない個人事業主の方の中には税理士に顧問を頼む必要性を感じていない方もいるようです。

なぜ必要性を感じていないかというと、

・まだ売上・取引が少なく税理士に頼むほどではない。

・赤字なので税金が0と思っている。

・市販会計ソフトに請求書・領収書を入力するだけと思っている。

・新規創業融資を受けるのに税理士は関係ないと思っている。

などが主な理由です。

確かに一理あります。

しかし、これだけの理由で顧問税理士を依頼しないのであれば『知らないうちに損をしている』可能性があります。

税金は基本的に(売上-費用=利益)利益に対して税率をかけて税金を計算しますが、利益が出ていなくても支払わなければならない税金もあります。
会社や事業を行っていると多種多様な税金を支払う必要が出てくるのでこれを予測して節税対策を図る必要があります。

そこで役立ててほしいのが税理士です。

もし、顧問税理士を付けるかどうか迷われているのであれば次の事項に当てはまるかご確認ください。
当てはまるようであれば税理士を依頼するタイミングであるといえます。
 

依頼するタイミング

・会社設立や個人事業主として起業されようとしている方

・売上高が1000万円以上になりそうな方

・経理事務員を雇うか迷っている方

・管理部門の人件費をカットしたいと思っている方

・金融機関に融資の相談をしようと思っている方

これらのタイミングは税金の金額・種類が多くなるタイミングでもありますが、経営者1人で全ての業務の細かい範囲まで目が届きにくくなるタイミングでもあります。

最も身近で信頼できる経営のパートナーとして顧問税理士を依頼することをお勧めいたします。

ぜひ、当事務所へお気軽にお問い合わせください。

なお、税理士に依頼する場合でも次のような方法で顧問税理士を決定するのは避けた方が無難です。
失敗する可能性が高いといえます。
 

失敗するケース

・友人・知人の紹介だけで顧問税理士を決定する

・顧問料の安さだけを求めて税理士を選ぶ

・一度も面談せずに顧問契約を結ぶ

・中小企業庁の認定支援機関でない税理士と顧問契約を結ぶ

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2013 明石税金無料相談センター All Rights Reserved.